骨盤おこし

骨盤をおこして姿勢を正す

 

スタイルは骨格位置、スタイルの崩れは骨格位置の崩れ。

 

気持ちもカラダも動き出す姿勢は骨盤をおこした姿勢です。

 

骨盤おこしに重要なのは、日々の生活の姿勢を正すこと、自分がラクなポーズは、実は骨盤に悪影響を与えているのです。

 

 

日常でありがちなシーンを参考に、あなたの姿勢は大丈夫?

骨盤おこし 座る
骨盤おこし 座る

デスクワークでPCを打つ。

骨盤おこし トイレ
骨盤おこし トイレ

トイレで用を足す。

骨盤おこし 歩く
骨盤おこし 歩く

歩く、階段の上り下り。

 ▲anan No.1857P.76~78参照

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ひとつでもNGに当てはまれば要注意!

 

骨盤をおこして姿勢を正しましょう。

 

 

 

骨盤立位と骨盤後傾

骨盤おこし 骨盤立位
骨盤おこし 骨盤立位

 

 

 

OK『骨盤立位』

 

骨盤がまっすっぐな状態。

 

骨盤が立った状態。

 

坐骨と恥骨の底面が床に接地して安定しています。

骨盤おこし 骨盤後傾
骨盤おこし 骨盤後傾

 

 

NG『骨盤後傾』

 

骨盤が後ろへ傾いた状態。

 

骨盤が寝ている状態。

 

坐骨結節(お尻のとがった骨)が床に接地して不安定です。

骨盤後傾は要注意

骨盤後傾と骨盤立位
骨盤後傾と骨盤立位

股関節(ヒップ・ジョイント)

 

骨盤後傾と骨盤立位を正面からみた図です。

 

雑誌や本などでよく目にする骨盤の図は「骨盤後傾」の図がほとんどです。

骨盤をおこして「骨盤立位」にすると、内臓を保護するタライのような形になります。

 

股関節は、英語でヒップ・ジョイントといいます。

股関節は、脚を動かす関節で、人が動き続けるための要ともいえます。

「骨盤後傾」では、ヒップソケットに大腿骨頭がはまり込んで身動きが取れません。

骨盤をおこして「骨盤立位」にして、股関節をフリーにしておくことが大切です。

 

人は骨盤から健康になる(マキノ出版)
人は骨盤から健康になる(マキノ出版)

内臓

 

「骨盤後傾」では、内臓が圧迫されます。

「骨盤立位」がタライのような形、「骨盤後傾」は骨盤が後ろへ傾いて漏斗状になります。

直腸など骨盤内蔵器は進展し、常に圧迫状態を余儀なくされます。

骨盤をおこして、内臓が保護され、内臓が機能しやすい状態にしておくことが大切です。

 

 

骨盤後傾の症状

  1. 猫背、スタイルの崩れ
  2. 動きにくい、歩きにくい
  3. 股関節痛、腰痛、坐骨神経痛、お尻の骨が痛い、ひざ痛など
  4. 便秘、痔
  5. 不定愁訴(肩こり、頭痛、めまい、生理痛など)
  6. 難産

 

 

骨盤をおこしましょう!

骨盤をおこすということは何かをプラスすることではありません。自分がもともと持っていて、いつからか使わなく眠っていた機能を呼び起こすということです。今おきている様々な症状、問題を解決する糸口をきっと見つけることが出来るでしょう。

 

さらに骨盤後傾によって今以上に出てくるであろう様々な不調、苦痛を回避することもできるいということです。

 

年を取ると腰が曲がる?しわが増える?足が弱くなる?

 

自分も親のようになっていく、漠然と思っている自分の未来を

 

自らの骨盤をおこすことで切り開いていって下さい!

 

 

 

レッスン

 

NEW女性限定レッスン

 

 

女性のための骨盤おこし
女性のための骨盤おこし
よし子
よし子